2017年10月19日木曜日

はじめてのボサノバギター♬枯葉のコード進行を弾いてみよう①ベースライン編

ギタリストの外園健彦です! ギターは色んなジャンルで活躍する万能楽器ですね。コードを直感的に使える楽器という意味ではギターは他の楽器を抑えて1番の楽器だと思います。 ボサノバでももちろんコードが活躍します! これまでに6つの基本コードを覚えてきました。 ここからは実際に曲を弾きながら学んでいきましょう!

2017年10月16日月曜日

❡ボサノバの名曲を弾こう ❡アントニオ・カルロス・ジョビンの”The Girl from Ipanema(イパネマの娘)”の初心者向けボサノバアレンジを動画とTAB譜で紹介します!


ギタリストの外園健彦です!


落ち着いたカフェにぴったりなボサノバ。

ギタリストであれば一度は挑戦してみたい音楽だと思います。
ブラジルのリオで生まれたこの音楽は、ブラジルの伝統音楽ショーロからサンバへと続いてきた流れの中から生まれました。"Bossa Nova"は「新しい傾向」「新しい感覚」といった意味があります。伝統的な文化の中から新しいものを取り込んで生まれたボサノバは世界中で愛されていますね。

今回はボサノバの代表曲「イパネマの娘」に挑戦です!
リズム、コード、メロディーすべてがお洒落で心地よいですのでぜひ頑張ってみて下さい。弾けると楽しいですよ!

2017年10月13日金曜日

❡ボサノバの名曲を弾こう ❡Harold Lobo&Niltinhoの”Tristeza(トリステーザ)”のボサノバアレンジを動画とTAB譜で紹介します!














ギタリストの外園健彦です!
落ち着いたカフェにぴったりなボサノバ。
ギタリストであれば一度は挑戦してみたい音楽だと思います。
ブラジルのリオで生まれたこの音楽は、ブラジルの伝統音楽ショーロからサンバへと続いてきた流れの中から生まれました。"Bossa Nova"は「新しい傾向」「新しい感覚」といった意味があります。伝統的な文化の中から新しいものを取り込んで生まれたボサノバは世界中で愛されていますね。
今回はHarold Lobo&Niltinhoの「トリステーザ」に挑戦です!
ボサノバというよりも、サンバに近い雰囲気でAcousphereの清水先生と演奏してみました。アップテンポなリズムとアコースティックな響きを楽しんで下さい!

2017年10月10日火曜日

はじめてのボサノバギター♬Englishman in new york を簡単なコードを使って弾いてみよう!

ギタリストの外園健彦です! ギターは色んなジャンルで活躍する万能楽器ですね。ギターの魅力は沢山ありますが、ギターならではの美しい和音の響きも魅力の一つだと思います。 今回はとても簡単な押さえ方でとても美しい響きのするコードを、stingの「Englishman in new york 」を題材に紹介します!

2017年9月17日日曜日

❡名曲をボサノバアレンジで弾こう ❡ スピッツの渚を簡単アレンジで動画とコード譜で紹介します!



ギタリストの外園健彦です! 音楽はジャンルに限らず名曲と呼ばれるものは人の心の琴線に触れる何かを持っていますね。

今回はSpitzの「渚」を取り上げます。とても爽やかで切ない楽曲が多いスピッツですが、「渚」もとても切ない楽曲です。
コードはシンプルですが、印象的なベースのメロディラインや、シーケンスパターン、コードの明暗の使い方も絶妙です。

この楽曲を、2拍子のリズムで演奏してみました。ぜひトライしてみて下さいね!


2017年9月12日火曜日

❡ボサノバの名曲を弾こう(番外編) ❡バーデンパウエルの”Berimbau(ビリンバウ)”の初心者向けアレンジを動画とTAB譜で紹介します!



ギタリストの外園健彦です!

落ち着いたカフェにぴったりなボサノバ。
ギタリストであれば一度は挑戦してみたい音楽だと思います。
ブラジルのリオで生まれたこの音楽は、ブラジルの伝統音楽ショーロからサンバへと続いてきた流れの中から生まれました。"Bossa Nova"は「新しい傾向」「新しい感覚」といった意味があります。伝統的な文化の中から新しいものを取り込んで生まれたボサノバは世界中で愛されていますね。

今回はボサノバではないですが、バーデンパウエルで有名な「ビリンバウ」に挑戦です!
バーデンパウエル(Baden Powell de Aquino)はブラジルのギタリストですが、ブラジルの古典音楽、バッハ、土着的宗教音楽等の研究も行い、ボサノバという言葉では括れないギタリストです。
「ビリンバウ」はブラジルの伝統的な格闘技・踊り・音楽の要素を持つ「カポエイラ」に出てくる楽器の名前でもあります。とてもシンプルな造りになっている楽器ですが、その倍音豊な音色が作り出すリズムは、聴いていて段々と癖になる独特の空気感を与えてくれます。

2017年8月18日金曜日

❡名曲をボサノバアレンジで弾こう ❡ I Got Rhythmを簡単アレンジで動画とTAB譜で紹介します!

ギタリストの外園健彦です!

音楽はジャンルに限らず名曲と呼ばれるものは人の心の琴線に触れる何かを持っていますね。 今回はジョージ・ガーシュウィンの名曲「I Got Rhythm」を取り上げます。
I Got Rhythmは80年以上前に作られた曲ですが、現在でもジャズのスタンダード・ナンバーとして人気の曲ですね。 そのコードの進行は「リズムチェンジ」という名前がつく程有名で、他のスタンダード曲にもしばしば見られます。

今回Jazzのスイングのリズムの曲をブラジルのテイストでアレンジしてみました。ブラジルには様々なリズムが存在しますが、今回は軽快で小気味好いサンバ風にアレンジしてみました。 簡単に綺麗に弾けるように、左手は3本の指で弾けるようなアレンジにしました。ぜひチャレンジしてみて下さい!

2017年7月24日月曜日

山下達郎の「Ride on Time」を弾いてみよう!




ギタリストの外園健彦です!
暑い毎日が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?
夏にぴったりな曲は色々とありますが、山下達郎の曲にも夏を感じる曲が沢山ありますね。
透明感あるコーラス、うねるようなサックス、ファンキーなリズム隊、浮遊間のあるコードワーク等、アレンジもとても考えられていてとても、参考になります。
今回は「Ride on Time」を演奏してみました。
またコード演奏をするにあたって大切な知識、「ダイアトニックコード」についても
簡単に取り上げてみますね。